脱キュービクルとは

脱キュービクルとは?

脱キュービクルの基本的な考え

50kW以下に下げることができる施設なら、
「キュービクルを回避した方が絶対に良い、ユーザーのためになる」
というのが当社の脱キュービクルの基本的な考えです。

「一度に全部の設備を同時に使用しない」など事業所ごとに電気の使い方は異なるにも関わらず電気供給契約は、導入設備全てをずっと使い続ける前提に算出される事負荷設備契約が多く、50kW以下に下げることが可能でも、キュービクルを入れるという流れが一般的です。

脱キュービクルの流れ
脱キュービクルの流れ

脱キュービクルつのポイント

1 電気供給契約50kW以上でキュービクル設置義務

電気供給契約50kW以上で「高圧受電」になり6600Vで受給した電力を100V・200Vにキュービクルで変換して電気を使用します。
(※詳細→キュービクルとは?

高圧低圧動力】低圧電灯】
中層ビル・スーパー



一般家庭・商店


一般家庭・商店


6,000V以上200V100V
6,600Vで受給して、キュービクルで100V・200Vに変換して使う。
通称動力契約。​
家庭のコンセントに刺しても​動かなさそうな大きい機械用の契約。
例:厨房機器や大型空調やエレベーターや排水ポンプ等
通常のコンセントで​動く機械で使用​。
例:照明、パソコン、ドライヤー
※20,000V以上は特別高圧になります。
高圧
中層ビル・スーパーなど
6,000V以上
6,600Vで受給して、キュービクルで100V・200Vに変換して使う。
低圧【動力】
一般家庭・商店
200V
通称動力契約。​
家庭のコンセントに刺しても​動かなさそうな大きい機械用の契約。
例:厨房機器や大型空調やエレベーターや排水ポンプ等
低圧【従量電灯】
一般家庭・商店
100V以上
通常のコンセントで​動く機械で使用​。
例:照明、パソコン、ドライヤー
※20,000V以上は特別高圧になります。

2 電子ブレーカーで50kW以下に下げられるかを診断

電子ブレーカーは、CPUによって正確に電流量を計測してJIS規格通りに動作するように制御する装置です
これを使用することによって、電気供給契約を50kW以下に下げることが可能になり、高圧契約から動力契約に変更します。
設備の導入状況、事業所の場所など細かくヒアリングして診断します。下げらるかの診断には、経験やノウハウが必要です。

3 回避すると「初期費用削減」「工事期間短縮」「小スペースでの設置」が叶います

実際に回避した事業所は平均約400万円の初期費用を削減しています。
設置工事やスペースの確保にも金額がかかり1000万円以上の削減に繋がった事例もあります。

負荷設備契約
一般的な契約。設備の容量の足し算で契約kWが決まる。
【デメリット】使ってなくても基本料金発生

主開閉器契約
メインブレーカーの容量によって契約kWが決まる。
導入設備から流れる電流値を計算。
【デメリット】機械の入れ替わりや使い方の変更でブレーカーが落ちる可能性が負荷設備契約より高い

このような事業所・店舗は
回避できる可能性が高いです

テナントビル

小型商業施設・小型テナントビル・オフィスビル 等

【導入設備想定】
約50kW~100kW

【設備特徴】
エレベーター、排水ポンプ、大型空調

【当社相談後の実際の契約容量実績】
約25kW~40kW

テナントビル

工場

製菓工場・製パン工場・中規模工場 等

【導入設備想定】
約50kW~100kW

【設備特徴】
ベルトコンベアー、排水ポンプ、大型空調

【当社相談後の実際の契約容量実績】
約25kW~40kW

工場

飲食店・店舗

パン屋・ケーキ屋・居酒屋・コンビニ・美容室等

【導入設備想定】
約50kW~100kW

【設備特徴】
オーブン、大型空調、排水ポンプ

【当社相談後の実際の契約容量実績】
約25kW~40kW

飲食店・店舗

各種施設

幼稚園・保育園・介護施設 等

【導入設備想定】
約50kW~100kW

【設備特徴】
エレベーター、大型空調

【当社相談後の実際の契約容量実績】
約25kW~40kW

施設

このようなお悩み
ありませんか?
よくいただくお悩みに担当:丸山がお応えします!

このようなお悩み
ありませんか?

よくいただくお悩みに担当の丸山がお応えします!

担当丸山

担当:丸山
第二種電気工事士

キュービクルを設置するスペースも費用もない。
キュービクルを設置せずに希望設備を導入して受電したい。

キュービクルを設置せずにご希望の設備を導入して受電することが可能な実例は多くあります。
一般的に設備の容量の足し算で契約kWが決まりますが、お客様の電気の使用方法によって契約kWを下げることが可能です。(下記の図参照)

当社のサービスは初期費用が50万円だけで電子ブレーカーの無料レンタルや設置まで全て対応いたします。
また、小型なのでスペースは気にせずに設置できます。
使用電力実績見合いでの契約容量の決定には、経験やノウハウが必要となりますが当社にはその2つがあります。
ご相談の際以下の内容を教えてください。

店舗・事業所の住所
導入したい設備の詳細
建物の面積(フロア数・延べ床)

ぜひお気軽にご相談ください!

担当丸山

担当:丸山
第二種電気工事士

キュービクル回避前・回避後の図
キュービクル回避前・回避後の図


まずはお気軽に
お問い合わせください

キュービクル設置にお悩みの方、まずはお問い合わせください。
経験豊富な担当者がお客様のご相談を受けつけています。
ぜひお気軽にご相談ください。

03-5302-2297

 10:30~19:00
(祝祭日を除く月曜日~金曜日)